セミリタイア セカンドライフ

セミリタイアライフ@影千代

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

み・ち・し・る・べ

2013年08月21日(水)

人って、何か新しいことを
始めようとするときって
決まって不安になってしまい、

現状に甘んじてしまって
なかなか先に進めない。

ってことあると思います。


でもこれって、普通なんですよね。


それなのに、
新しいことを始めて
・上手く行く人
・そこそこの人、
・そして、ダメな人



この違いって何なんでしょう?



こんな言葉があります。

「暗闇を歩き出すには自分を信じること。

自分の信念が方向も決めてくれる。」



これをヤルと決めたら、
自分のその決意を信じてみましょう。

間違えたやり方でなければ、
方向が見えてきそうです。

新しいことを始めて
上手くいっている人って
きっと、この信念が
強いんだと思います。


セミリタイヤもきっと
信念を持った人に与えられる
ご褒美(?)なのかもしれません



 ←ランキング参加中です。応援お願いします

スポンサーサイト

二人の行者

2013年08月09日(金)

物事の考え方って
人によって違うものなので、

当然、それに付随する価値も
人によって違ってきますよね

だから何が違っていて、
どれが正解かというのも
言えないんですが、

ただ言えることは
死ぬまで苦労はしたくない
というのが誰もが
共通しているんだと思います

こんな話があります



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昔、あるところに
二人の行者がいました。

一人は不思議な力を
身につけようとし、

一人は心の安らいを願い
真理を悟りたいと
念願しました。

そして二人は十二年間の
修行を約束して

それぞれ山に入り
修行にはげみました。

十二年後の約束の日に
二人は目的を達して下山し、
落合って人の住む村の方へ
出てきたのです。

そうすると、
橋のない大きな河に
出あいました。

一人の行者は得意そうに、
さっさと自分ひとり
水の上を歩いて
渡って行ってしまいました。

さすがに十二年間の
修行の賜物なのでしょう。

おいて行かれた
もう一人の行者は、

黙って小舟を雇い
船頭に漕がせて
河を渡りました。

そして支払ったのは
今の日本円にして
ほんの500円程だったのです

先に河を渡った行者が
「十二年かけて河も渡れんのか?」
と、馬鹿にしたように言います。

それに対して、
「君が十二年かけた事を
私はたったの500円で
出来てしまったぞ」
と言い返しました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これってちょっと面白いですよね

同じ年月をかけて、

二人とも同じ十二年なんですよね

十二年かけて水の上を歩くだけなのか

十二年かけて、このときはこうする、こうなったらこうする
という応用の利かせかたなのか


特に、これから何か新しいことを
始めようとするときに
何かを極めるのは必要かもですが

それだけに頼ってしまうと、
それが古くなったり、
それがコケたりして
もう、使えなくなったときに
ツブシが利かなくなります

だったら、応用が利かせられる
技術やノウハウを身につけたほうが
いいのかと思います

これはあくまでも私見ですし、
十人十色なので
当然、違った考えもあるハズです。

この話を読んで、
それぞれで感じていただければ
それでいいと思います。




 ←応援よろしくお願いします

プロフィール

影千代


影千代です

関東の片田舎に住んでいます。
鉄道がなく、バスも
1時間に1~2本

そんな場所なので、
マイカーは欠かせません。

定年まで必死に働いて
退職後にはつつましい
年金生活じゃつまらないので

一度限りの人生を悔いのないように
生きていきたいと思います。

どんなことでも構いません
ぜひ、コメント残していってください

よろしくです!


ランキングに参加しています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





※リンクフリーです

影千代にお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

頂いたコメント

検索できます

カテゴリ

お友達になりましょう

お小遣い稼ぎ

買物やサービスの利用、登録でポイントもらえます
貯まったポイントは1ポイント=1円分に交換出来ちゃうから
チョットしたお小遣い稼ぎに!!
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
5000ポイントもらえるモノもあるよ!

紹介したいサイトです

このブログをリンクに追加する

訪問者数

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。